ブライダル後の徹底ヘアケア

ブライダル後の徹底ヘアケア
6月といえばジューンブライド。綺麗に髪をセットした花嫁さんになったり、友人の結婚式に出席するなど、お祝いごとの機会が多い季節です。
けれど綺麗にセットした髪は洗うのが大変! シャンプーが思うように泡立たずイライラした経験を持っている方も多いのではないでしょうか?
しかし、洗うのが大変なほどにスタイリングしているからこそ、しっかり洗わないと髪にすごいダメージを与えてしまいます。
今日はセットした髪の洗い方を紹介するので、結婚式やイベント後に実践してみてくださいね。

○ワックスが落ちきっていない髪の恐怖
・何もしていないのに髪が引っかかる
頻繁にワックスやスプレーを使うと、綺麗にシャンプーをしたはずなのに髪が絡まることがあります。綺麗に洗って寝たはずなのに、朝にブラシが全然通らなかったりすると憂鬱な気分になりますよね。
これはシャンプーがきちんと出来ていないからではなく、髪がダメージを受けているから。オイルやトリートメントなどのケアが必要になってきます。

・髪がごわつく
梅雨も終わり湿気がない季節になっても髪がなかなか纏まらないってことはありませんか? それは、度重なるヘアセットに髪自身が疲れてしまった証拠だと言えるでしょう。こうなると少しのケアで元の状態に戻すのはとても難しくなってきます。こんなことになる前に、しっかりケアしていきたいですね。

・シャンプーをしても全然泡立たない
気合を入れていつもより少し高級なシャンプーを使ってみても全然泡立たない! これもワックスの成分がシャンプーの働きを邪魔してしまっているからこその現象です。

では、上のような状態にならないためには、どうすれば良いのでしょうか?

○シャンプーの前の一手間が重要!
上記のような症状に陥らないためには、ヘアセットをした日にはいつもと違う洗い方が必要になってきます。

・トリートメントを先に使って
シャンプーの前に地肌をシャワー等でしっかりと湿らせることは皆さん当然のようにやっていることかと思います。でも、特別なヘアセットをした日は、それだけじゃ足りません。
湿らせた後、シャンプーの前に一度いつものトリートメントをつけてから髪を洗ってください。

・トリートメントの成分
トリートメントには、髪を柔らかくさせる成分が入っています。「カチオン系界面活性剤」といい、これは普段なら、シャンプーの成分と相乗効果を出し合って髪の毛同士がゴワゴワしたり静電気で膨れてしまうのを防ぐ成分として大活躍しています。
しかし! この「柔らかくさせる成分」がワックスやスプレーといったスタイリング剤と混ざり合うことで、髪ではなくスタイリング剤を柔らかくさせて綺麗に落としてくれるのです。

・もちろん補修効果も期待出来る
トリートメントには、髪の内部に浸透する栄養が含まれている製品がほとんどです。ワックスを洗い流す時、髪の中に微量ながらその成分も浸透していきます。
ガーデンウエディングや紫外線の中での活動で疲れた髪には、とても良いご褒美になること間違いなしですね。

・トリートメントの後はしっかり洗い流して
トリートメントでスタイリング剤を洗い流した後は、いつも通りに髪の毛を洗って問題ありません。ただし、最初につけたトリートメントをしっかり洗い流すことを強く意識してください。
前述した通り、トリートメントには補修効果があります。いつもなら洗った髪を綺麗にコーティングしてくれる心強い存在ですが、シャンプーの前に使うとシャンプーが汚れを落とすのを邪魔してしまいがちです。
夏の髪の毛は紫外線だけではなく埃などでもダメージを受けがち。しっかりと汚れを落とせるように、面倒でもトリートメントはきっちりと洗い流してください。

○「まずトリートメント」は必殺技!
このように、シャンプー前にトリートメントをすることで水通りも良くなりいつも以上シャンプーの泡立ちも良くなります。けれど、この「最初にトリートメントをする」というのは、あくまでスタイリング剤を落とすための必殺技です。
シャンプーの洗髪効果を妨げたり、落としきれなかったトリートメントが髪をギトギトにしたり匂いが強くなったりなど、毎日行うにはリスクが高すぎます。
あくまで、トリートメントを最初に使うのは、スタイリング剤を落としてシャンプーの泡立ちを良くするための、特別な方法だと覚えておいてください。

○次の日にダメージを残さない髪にしよう
結婚式は、主役としても参列者としても喜びに溢れた素晴らしい一日になります。ただし、髪の毛には間違いなくダメージが加えられていますし、そのダメージも蓄積するとかなりのものになってしまいます。
シャンプーの前にトリートメントを使うことで、髪に栄養を与えるだけではなくいつも通りのヘアケアの効果が倍増します。
特別な日の終わりには髪にも特別なケアをすることで、また次のお祝いごとの際にも万全のコンディションで迎えるように準備していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です