抜け毛を予防する正しいシャンプーの方法

 日々のヘアケアに欠かせないシャンプーですが、間違ったシャンプーの仕方をしていると頭皮に負担をかけ、抜け毛の原因にもなります。

なので、ここで改めて正しいシャンプーの仕方をおさらいしていきましょう。 まずは髪を洗う前に軽くブラッシングをすることが大切です。

このひと手間をかけることによって、ほこりなどが表面に浮き上がってくるので汚れを落としやすくなります。
次に、お湯で2〜3分ほどかけて髪や頭皮をゆすいでください。
そうすることによって髪の汚れの8割以上は落とすことができ、少量のシャンプーでも泡立ちが良くなります。
お湯の温度は少しぬるめの38度くらいがおすすめです。お湯が熱すぎると、頭皮が乾燥したり、刺激を受けて皮脂の過剰分泌につながるので注意してくださいね。
そして、いよいよシャンプーを使って洗っていきます。

シャンプーの量は、ショートヘアなら100円玉程度の量で十分です。ロングヘアーはその3倍位を目安にしてみてください。

シャンプー剤を頭皮に直接つけると、毛穴に入り込んですすぎ残しやすくなってしまうので、なるべく手のひらや泡立てネットで十分に泡立ててから、頭全体につけると良いでしょう。

泡立ちが悪いと感じるときは、お湯を少し追加してください。
ここで大切なのは、髪の毛を洗うのではなくて頭皮を洗うということです。決して爪を立てないようにして、指の腹で優しくマッサージをするようなつもりで洗ってください。
頭皮をマッサージすることで血行が促進され、抜け毛の防止にもつながります。

洗い終わったら次はすすぎですが、頭皮にシャンプーの成分が残ったままだと、フケやかゆみの原因になってしまうので、しっかり確実に洗い流すようにしましょう。

目安は3分から5分程度で念入りに洗い流すことが大切です。

すすぎが終わったら、タオルで頭皮と髪の毛の水分を拭き取ります。ごしごしとこするのではなく、頭にタオルをぎゅっと押し付けるようにして、水分を吸収させてください。しっかりとタオルドライができたら、ドライヤーを使って髪を乾かしていきます。ドライヤーは頭皮から10センチ以上離して、なるべく髪の根元から乾かすようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です