風にふわっと靡かせて! 香りの残る洗い方

風にふわっと靡かせて! 香りの残る洗い方
すれ違った時や至近距離で作業をする時、女性の髪から花の香りが漂ってくるとドキッとする男性も多いという話をよく聞きますよね。でも「香水の匂いは人工的で好きではない」という男性も多いのは事実です。
そこで今日は、さりげなくシャンプーの香りを漂わせる洗髪方法をご紹介します。

○勝負は洗う前から始まっている
香りを漂わせる美髪を作る方法は、実はお風呂場に入る前から始まっています。皆さんはお風呂に入る前に髪を梳かしていますか?
実は洗髪前に髪を梳かすことで、余計なゴミ等を落としシャンプーの浸透が良くなるのです。香りだけではなく、髪のからまりを防ぐことで健康な髪を維持するためにも効果的です。

○香らせる洗い方
・洗う前に髪をすすぐ
お風呂に入ったら、まずは髪をぬるま湯で洗いましょう。先ほどのブラッシングで落としきれなかった汚れを落としてくれます。髪の内部まで水分が浸透することでシャンプーの刺激から髪自体を守り、健やかな髪を作ることも可能です。
また、ぬるま湯でマッサージを行うことで頭皮の毛穴が開き皮脂が浮いてきます。汚れも落ちやすくなるので、シャンプーがより一層効果的に行えるようになります。

・泡立て方
髪をすすいだら、いよいよシャンプーです。シャンプーを付ける際は、まず手で十分に泡立ててからつけてください。たまに地肌に出して髪の毛で泡立てる人がいますが、それは髪が傷むので絶対に行ってはいけません。
シャンプーで洗うのは頭皮だけで十分です。指の腹でこするようにしっかりと洗いましょう。髪自体の汚れは、先ほどのぬるま湯によるすすぎとシャンプーの泡で十分に落ちます。

・お湯の温度にも注意
お湯の温度は、少しぬるく感じる程度で洗ってください。38度程度が最適だと言われています。それ以上だと、火傷の危険性が高まるだけでなく皮脂が落ちすぎて頭皮にダメージを与えます。
すすぎの際は、さらにぬるめの35度程度で洗い流すのが良いでしょう。少し冷たく感じますが、毛穴が引き締まるので汚れにくくなります。ただし、冬場は風邪をひく危険性もありますので十分に注意が必要です。

・トリートメントは付けすぎないで!
香りを残すためにトリートメントを大量につける人がいますが、これは逆効果です。香りの強さは変わりませんし、大量のトリートメントは髪をベタつかせます。髪の長さや量にもよりますが、セミロングなら2プッシュ程が適量でしょう。
トリートメントは髪を紫外線や埃から守ってくれるラップの役目を果たします。つけた後はしばらく時間を置いてから洗い流しましょう。

○香らせる乾かし方
・タオルドライを忘れずに
濡れた髪にいきなりドライヤーを当てても、時間もかかるし髪も傷んでしまいます。まずはしっかりとタオルドライをしましょう。タオルドライの際も意識するのは頭皮です。マッサージをしながら水気を拭き取りましょう。
髪の毛自体はこすらないように、タオルで挟んで水分を吸い取ります。水分がなくなってから、粗めのブラシで髪を梳かしましょう。ここで細かいブラシを使うと髪が引っかかり傷んでしまうので気を付けてください。

・根元を中心に
ドライヤーは根元を中心に乾かしましょう。先に髪の毛を乾かそうとすると、根元が乾かずに時間がかかりますし、そうすることで香りも飛んでしまいます。
外側から内側に空気自体を含ませるように乾かすことで、シャンプーの香りが髪に定着します。逆に内側からドライヤーを当てると香りが逃げてしまうので気を付けてください。

・風は上から優しくあてる
髪のキューティクルは根元からうろこ状に重なっています。下から風を当てるとキューティクルが逆立って、せっかく良い香りがしてもゴワゴワの髪質になってしまいます。
また、早く乾かそうとして強い風を使うのも逆効果。弱めの風を当てることで、香りを優しく定着させることができます。

○ヘアコロンについて
シャンプーの香りだけではどうにも物足りないという人にはヘアコロンがおすすめです。最近は、ドライヤーの前に付けることで熱から髪を守る効果があるコロンも出ていますね。
オイルやムースタイプなど、自分の髪質や好みに合わせて選ぶのが良いですが、おすすめはシャンプーやトリートメントと同じ種類のものを選ぶこと。
違う種類を選ぶと、それぞれが良い香りでも混ざり合うことでなんだか妙な香りになってしまうことが多々あります。同じ種類を選んで、統一感のある香りをまとうようにしてくださいね。

○ふわっと自然に香らせよう
これから夏になると、汗の匂いに混じって体臭なども感じやすい季節になります。強い香りでごまかしたくなりますが、そこは堪えて自然な香りを演出してください。
ふとした時に香る清潔感のある香りは異性だけでなく同性にも好印象なものです。
あくまでさりげない香りをまとうことで、自分をアピールしていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です